読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好奇心旺盛な暇人

ゲームの感想や、アニメ、漫画の感想をぶちまけるだけ

FFⅥ プレイ日記13(ネタバレ注意)

ネタバレ注意!

 

↓前回↓

FFⅥ プレイ日記12(ネタバレ注意) - 好奇心旺盛な暇人

 

【現メンバー】

セリス、マッシュ、エドガー

 

 さて、次なる街にたどり着き、酒場に行くと、そこにはセッツァーがいました。

 

飛空挺ーーーーーーーーー!!!

 

ところが彼は、世界崩壊の際、自分の飛空挺を失ってしまい、旅の同行を拒否します。

 

セリス「喝!!!!」

 

セリスの一喝により、セッツァーは、自分の夢を思い出しました。

f:id:mayonaka_kiki:20170227043055j:image

どうやら、死に別れた親友ダリルの形見である飛空挺があるようで、それを起動しにいきます。

 

墓に着き、ひたすら地下への階段を降りている最中、上の方に回想が流れていました。

f:id:mayonaka_kiki:20170227043606j:image

f:id:mayonaka_kiki:20170227043717j:image

 

死亡フラグですねェ!!!!!!!!

 

そして、ダリルの形見である飛空挺ファルコンの起動に成功します

f:id:mayonaka_kiki:20170227043814j:image

 

希望も夢も取り戻したセッツァーは、改めて仲間になります。

 

さて、実際、この段階でラストダンジョンである瓦礫の塔への突入も可能になりました。

 

が。

 

欠片も仲間が揃っていないので、まずは仲間集めの旅をしていきたいと思います

 

改めてティナのいる街に行きました(しつこい)。

すると、そこにいたカップルがなんと妊娠していました。

マジか...マジか...

 

しかしその時、巨人のモンスターが来訪します。

その時、戦えないはずのティナも一緒に飛び出し、共に戦います。

幻獣化したティナに、子供たちは最初恐怖し驚くものの、ティナだと気づき集まります。

f:id:mayonaka_kiki:20170227044024j:image

ティナは、命を守りたい、これから生まれる命のために未来を守りたいという気持ちを抱き、戦うことを決意。仲間になります。

 

ヤッターーーーーーーーーー!!!!

 

ティナも仲間になったところで、次なる街へ行きました。

とある民家に入ったとき、部屋1面に造花があり、手紙がありました。

女性が住んでいたのですが、遠くに住んでいる恋人から定期的に手紙が来ているそう。

手紙を読んでみる(最低)と、文章の端々に「ござる」の文字が...。

 

カイエンしかいねぇ...!!!

 

そして、郵便局員みたいなお兄さんにこの手紙の主の場所を聞き出し、その場所へいきます。

山道を進むと途中に洞窟がありました。

そこには造花と、手紙が。

 

また手紙を読むと、真実を告げようとしている内容でした。自分は恋人ではない別の男だと告げるつもりだったようですね。

 

そして洞窟を抜け、山頂に行くと、やはりカイエンがいました。

 

カイエンはとても驚いていましたが、もちろん仲間になってくれました。

f:id:mayonaka_kiki:20170227045029j:image

笑顔のティナちゃん、キャワイイ!!!!

FFⅥ プレイ日記12(ネタバレ注意)

ネタバレ注意!

 

↓前回↓

FFⅥ プレイ日記11(ネタバレ注意) - 好奇心旺盛な暇人

 

マッシュと合流したセリスは次なる仲間を探しに、別の街に向かいます。

到着した街は、かなり崩壊しており、家の中にある階段から地下へと向かいました。

 

そこには多くの子供たちがおり、一行を見た途端警戒し、臨戦態勢をとります。

 

その時、「待って」と声がかけられました。

この声はティナ...!!!

 

f:id:mayonaka_kiki:20170226055028j:image

 

えっ、え~~~~~~~~!?!?

ま、ママ!?!?

ティナ、君はママになってしまったのかい!?

しかもこんな子沢山!?!?

 

ティナは、この村に残った子供たちを集めて孤児院のような場所にしていたようです。

 

ここは崩壊の時の被害と、崩壊以降、定期的に巨人のモンスターが来訪するようで、子供たちの親はみんな子供をかばって死んでしまったのですね。

 

それでもティナを仲間に引き入れようとします。

 

f:id:mayonaka_kiki:20170226055349j:image

 

え、うそぉん...???

どういうことなの...?

 

戦う力が消えてしまった、そして、ここの子供たち(なんか1組だけカップルもいたけど)のことが気になってしまうティナに、まだ一緒には行けない、と断られてしまいます。

 

えっ...主人公...えっ...?

 

仕方なくティナは諦め、別の街へ。

港に行くと、そこには盗賊らしき一団が。

 

どうみても服が色違いエドガー!!!

画像ないけど!!!

 

盗賊団のリーダーであるエドガー?は否定しますが、気になる一行は後をつけることに。

すると盗賊団はフィガロの財宝がお目当てのよう

 

完全にエドガーやんけーーー!!!!!

 

さらについて行くと、機関室のような所に行き、そこに巣食う魔物と対峙、その際、やっぱりエドガー!と発覚します。

エドガーの目的は、フィガロを取り戻すことだったようです。その為に盗賊団を利用したということですね。

 

やるやん?(上から目線)

 

フィガロを取り戻した我々は、移動範囲も広がり、次なる街へ向かうのでした!

 

ちょっと短いけど、今回はこの辺で。

 

ジャンジャンバリバリ仲間集めていくやで~。

 

余談

ストラゴスの事を間違えてストレングスと書いていたのを、こっそり修正したぞ☆

キャラの名前はしっかり覚えような!

FFⅥ プレイ日記11(ネタバレ注意)

ネタバレ注意!

 

↓前回↓

FFⅥ プレイ日記10(ネタバレ注意) - 好奇心旺盛な暇人

 

世界の崩壊から時がたち、セリスは目を覚ましました。

ここから、メインが割とセリス寄りになったように感じます。

というか、崩壊前も途中ティナ離脱したり、メインはロックセリス、という感じが若干ありますね。もちろん物語の中心にはティナがいるんですけどね...

 

さて、目を覚ましたセリス

小さな小さな小屋で目を覚ますと、シドがいました。

シドから世界の崩壊について聞き、これからは2人で過ごしていこう、と決めます。

この時から、セリスシドの事を「おじいちゃん」 と呼ぶようになりました。

 

魔導研究所で強く関わりがあったんでしょうね。本当に家族のような関わり方でした。

身体を悪くしてしまったシドのために、セリスは毎日魚を捕り、シドに食べさせます。

 

えぇ孫や...。

 

ところが、ある日、シドが遂に死んでしまいます。

絶望に包まれたセリスは、岬に向かい、身を投げます。

f:id:mayonaka_kiki:20170223112843j:image

セリスーーーーーーッ!!!

 

泣きました(小声)

 

しかし海岸に打ち上げられ、生き延びたセリス。小屋に戻り、シドからの手紙を見つけます。シドは密かにイカダを作ってくれており、それを使って仲間を探すよう書き残していました。

シド...やっぱりいい奴...

 

セリスは、仲間を探すため、そしてケフカを倒すため決意新たに旅に出たのです。

 

因みにこの後、別大陸に上陸して、普通のザコ敵に石化させられやり直しました(小声)

 

ただ二回目だったので攻略サイトをチラ見しましたが、シド死亡は確定ではなく、生存ルートもあるようです。

2回目は生存ルートにしました。

 

f:id:mayonaka_kiki:20170223113921j:image

生存ルートではシドの体調も回復。ハッピールートです。

そして手紙だった言葉を本人が直接言ってくれます。

f:id:mayonaka_kiki:20170223114004j:image

 

そして改めて外の世界へ出て、近くにあった大陸の街に着きます。

 元々あった街ですが、やはり至る所がボロボロに。復興中、といったところでしょうか。

 

街の人に話を聞くと、ケフカは世界崩壊時の瓦礫で作り上げた塔に居座り、自分に反する者を殺していくという行為を繰り返しているようです。

街を歩いていると、突然崩れそうな館があります。なんとそこにはマッシュが!

館をマッシュが支えている間に、逃げ遅れた子をセリスが助けます。

 

無事、マッシュと合流!

f:id:mayonaka_kiki:20170223114125j:image

やはり仲間は生きている...!希望を胸に、セリスマッシュは旅立つのでした!

 

 

次回!プレイ日記12!

いつの間にママになったの!?

次回もサービスサービスゥ!

 

FFⅥ プレイ日記10(ネタバレ注意)

ネタバレ注意!

 

↓前回↓

 FFⅥ プレイ日記9(ネタバレ注意) - 好奇心旺盛な暇人

 

ケフカガストラ皇帝は幻獣界へ行き、伝説の三闘神とよばれる神様の力を使い、魔大陸を浮上させました。

 

我々も飛空挺を使い魔大陸へ乗り込みます。

この時に、二チーム(記憶が曖昧)に分かれて探索になったのですが...主要メンバー4人しか育ててなかったので...めっちゃ苦戦した...

 

さぁ、魔大陸の最奥でケフカガストラ皇帝を追い詰めます。

 

f:id:mayonaka_kiki:20170223095606j:image

よくある台詞ですねェ!(ダメ出し)

 

追い詰めた我々は術で身動きが取れなくなります。ところが...

f:id:mayonaka_kiki:20170223095751j:image

なになになになに~!?!?

君、セリスにホの字なの~!?!?

 

セリスティナたちを殺すように命じられます。

f:id:mayonaka_kiki:20170223095844j:image

f:id:mayonaka_kiki:20170223095929j:image

 ンギャアアアアア!!

セリスケフカに斬りかかりました!

かっこよすぎ!セリスカッコよすぎだよぉん!!!

 

斬りつけられたケフカはキレて、三闘神の像を動かします。

この三つの像。バランスよく見つめ合うように配置すれば、力のバランスが取れるらしく、像を動かす事により、力のバランスが崩れるそう。

 

ケフカ世界を滅ぼそうとします

キレて世界を滅ぼされたらたまったもんじゃないよぉ!!!

流石の出来事にガストラ皇帝も止めに入ります。そこはまともだった...。

ガストラ皇帝は、とにかく力が欲しかったのね...。

しかし、ガストラ皇帝の抵抗虚しく、死亡。

 

像は動かされ、世界が崩壊へと進んでいきます。

 

f:id:mayonaka_kiki:20170223100041j:image

セリスーーーーーーーッ!!

吹き飛ばされたセリス...

 

そこに

 

シャドウ登場ーーーーーーーーー!!!!!!!

実はサマサの村で別れてたんですね。

お前ってやつは...最高だぜ!!

セリスを助けたシャドウは、像をなんとか元に戻そうとケフカに対抗します。

 

f:id:mayonaka_kiki:20170223100540j:image

f:id:mayonaka_kiki:20170223100623j:image

f:id:mayonaka_kiki:20170223100639j:image

 

抱いてーーーーーーーーー!!!!!

何これシャドウかっこよすぎ!何これ!!!

好き!もうアタイ、シャドウのこと好き!!

よく見たらその覆面も素敵!!!

ゼクシィ一緒に買お!?!?

 

シャドウに助けられた我々。

シャドウを置き去りにし脱出を試みます。

 

えっ...?

シャドウは...?

えっ...?

 

ここでもまた時間制限ミッションでした。

が、道に迷い、敵に手こずり、5秒前とかに目標地点にたどり着きました

 

f:id:mayonaka_kiki:20170223100831j:image

 

ンギャアアアアア!!!!!!!!!!

結婚して!!!もう私貴方のために式場予約するわ!!!!!

 

(深呼吸)

 

そして世界は...

f:id:mayonaka_kiki:20170223101009j:image

崩壊しました。

分かりにくいな...

 

世界は崩壊し、陸も殆どが消え去って行きました。

 

f:id:mayonaka_kiki:20170223101124j:image

これから、世界はどうなってしまうのでしょうか...。

 

次回!

世界の行方!

デュエ〇スタンバイ!

FFⅥ プレイ日記9(ネタバレ注意)

ネタバレ注意!

 

↓前回↓

 FFⅥ プレイ日記8(ネタバレ注意) - 好奇心旺盛な暇人

 

幻獣が向かったと言われる山。

最寄りに一つサマサという村があります。

村人に話しかけますが、皆何故か挙動不審

ある老人に話しかけると、幻獣なんて知らない、との事だった。

ところが、この村のあちこちでイベントが起き、ケアルを使う母親、ファイアを使う少年、などなど、消え去ったはずの魔法の存在が、この村にはあったのです

 

魔法の存在を明らかにすると、1番魔法に長けてる(多分)のストラゴス爺と、幻獣が向かったという山へ向かいます。

孫のリルムに後をつけられながら...

 

そこで奴に出会います。

 

f:id:mayonaka_kiki:20170220003448j:image

 

わぁ...。

そう、実はセリスのオペラの時も登場してたんです。

日記ではスルーしてましたね...。

倒してもしつこいオルトロスくん

そこでリルムが登場。スケッチさせてくれ、と頼みます。

リルムの戦闘特殊能力は「スケッチ」。

描いたモンスターが攻撃するようです。ストラゴス爺も「スケッチだけはやめてくれ!」と怯えていたので、人間に対しても有効なのでしょう。

 

f:id:mayonaka_kiki:20170220003500j:image

 

 f:id:mayonaka_kiki:20170220003538j:image

 

 f:id:mayonaka_kiki:20170220003514j:image

 

チョロすぎーーーーーーーーー!!!

もちろんオルトロスくんは彼方へと消えていきましたとさ。

 

その後。山頂付近に近づいた一行は、洞窟内で幻獣たちと出会います。

どうやら幻獣たちは、魔導研究所に捕えられた幻獣たちを助けたい一心で封魔壁をぶち破り、魔力が暴走し、意識のないまま帝国を襲ってしまったのだとか。

 

現在では落ち着いており、罪悪感すら覚えているよう。

 

でも敵対の意思がないなら、和平もいけるやんけ!ということで、人間と幻獣で村に戻り、話し合いを行います。

 

レオ将軍と幻獣代表のユラ、どちらも性格が良いタイプが筆頭のようで、和平は順調に進み、

 

ケフカが登場。

 

デデドン。

 

ガストラ皇帝の命で、1箇所に集まった幻獣たちを全て魔石に変えるつもりのようです。

何故かわからんが、パワーアップしたケフカ。みんな気絶させられ、レオ将軍は殺されてしまいます。

 

あ、あぁ、はい。

おっけ、そういう流れね。

レオ将軍...いい人だったけど...何ていうか...

思い入れはそんななくて...

 

そして全ての幻獣は魔石に変えられ、ケフカは帰っていきます。

 

我々は騙されていたわけですね

ケフカに。そしてガストラ皇帝に。

 

レオ将軍のお墓を作って、皆で幻獣界に向かったというケフカガストラ皇帝を追いかけます。

 

許さないぞ☆

 

余談

f:id:mayonaka_kiki:20170222040304j:image

 

仲間にしたクポ~!

尚、右の狼は助けなかった模様。

FFⅥ プレイ日記8(ネタバレ注意)

ネタバレ注意!

 

↓前回↓

FFⅥ プレイ日記7(ネタバレ注意) - 好奇心旺盛な暇人 

 

さて、封魔壁から出てきた幻獣たちによって大打撃を受けた帝国。

そしてガストラ皇帝から、リターナーに対して和平を申し込まれます

 

f:id:mayonaka_kiki:20170218053519j:image

 

レオ将軍...いい人なんだろうけど...でも...

今までで一番ビジュアル厳しい...ごめん...

ドマの時からずっと思ってた...

 

さて、和平交渉の前に、帝国内には和平に納得のいっていない者も多いようで、4分間で多くの兵士と話してほしい、と言われます。

 

今まで特筆しなかったけど、時間制限イベントって結構多いんすよ。

案外楽に終わるけど。

 

ただ、今回はキツかった...。帝国内初めてだから迷うし、壁に引っかかるし、襲いかかってくる兵士はいるしで...

MAX何人かはわからないけど、多分MAXにはいけてない...

 

そして和平交渉。

話し合いに置いて、どのように話すか、返答するか、が選択肢によって委ねられました

 

因みに攻略サイトを見ますと、この選択肢によって、ゲームが詰むとかはなさそうでしたが、先程の時間制限ミッションと合わせて、正しい選択肢を選ぶと、アイテムが貰えたようですね。

 

和平交渉中に、ケフカ牢屋に入れているという情報がさらっと出されて、「お、オン...」ってなりました...。

 

そして、和平が決まり、早速、帝国リターナーで協力し、まずは各地に散ったであろう幻獣たちを探すことになります

 

レオ将とパーティメンバー...

だけでなく

帝国サイドからまた2人追加で来ました。

 

1人はシャドウ

そしてもう1人が

リス~~~~~~~~!!!

スクショはないけど~~~!!!

 

ロックがびっくりして、セリスに話しかけますが、セリスはそっぽを向きシカトします

あ、アァ...ここで壮大な恋愛劇が行われていくのね(そわそわ)

 

目撃情報のあった場所は船でも1日以上かかるようで、船で1泊します。

 

夜。

何か悩んでいる様子のティナちゃん。

そこへレオ将軍が来ます。

 

f:id:mayonaka_kiki:20170218053533j:image

 

あー、そっか、帝国の人間だから一応知ってるのか...。

レオ将軍は洗脳の事を知っていたのに、何もできなかったこと、見逃していたことに少し責任を感じていたのでしょうね...。

 

自分の出生、そして先程のロックセリスモジモジした感じを見たティナちゃんは、愛について考えます。

幻獣と人間で愛し合うことができたから、ティナが生まれた。

じゃあ自分自身は...?とモヤモヤしていたのでしょうか。それとも初めて知る感情に戸惑っているのでしょうか。

 

f:id:mayonaka_kiki:20170218053549j:image

待て待て待て待て!!!!!

確かにな!!その疑問はわかる、わかるよ!?!?

でもさ!レオ将軍に言う必要なくない!?!?

そことそこでそういう関係に発展すんの!?!?

レオ将軍トンデモ勘違い野郎だったら勘違いしちゃうよ!?!?!?

ヤダヤダヤダ!!!ティナちゃんとレオ将軍認めない!!!!!

 

大人なレオ将軍「自分で見つけなさい」と言って立ち去ります。

 

よかったーーー!!!!!

「俺と知っていこうZE☆」みたいな事言われたら衝動でデータ消す所だったわーーー!!

 

f:id:mayonaka_kiki:20170218053632j:image

 

ティナちゃんったら...可愛い...

赤ちゃんの時に攫われて、ずっと洗脳兵士だったから、そういった感情を知るのは初めてなんだろうね...知りたいんだろうね...

 

くっそ...今モブになりたい。
スッと登場して意味ありげに「あの男はやめておきなさい...」って言うだけ言って立ち去って二度と登場しないモブキャラになりてぇ...ッ(歯ぎしり)

 

そうして1人で物思いにふけるティナちゃん。 

f:id:mayonaka_kiki:20170218053646j:image

うおおおおおん!!!!!!

シャドウーーーーーー!!!!

ちょっとキザっぽいけど!!

君なら!!!君とティナちゃんなら私も認めることができる!!いいぞ!!!!ほら!!!トークしろよ!!!

 

って思ってたら、ティナちゃんスタコラサッサーと寝室に戻っていきました

 

なんでや!!!!!

【雑記】メモの魔法

どうも。

 

たまには普通の日記でも書こうかな、という気分になりまして、徒然と書いていきます。

本当に雑記だし、読んだところでこの先の人生において役に立つかというと、欠片も役に立つとは思えません。なんてったって雑記。

 

そして私はお酒を飲みながら書いています。

 

さて、メモの魔法、と適当に題しましたが、皆さん普段メモはとりますか?とりませんか?

私としてはどちらでも構わないと思いますが、私はメモをとる派です。

 

電話応対、伝言、仕事のHow toなどなど、メモをする場面は様々ありますが、私は特にメモを使いまくります。

 

例えば、新しい物事を教えてもらう時などは、事細かにメモをするタイプです。物覚えが悪いのもありますが、人に聞くのが苦手なんですね。

もちろんどうしてもわからない事は聞きますが、聞く必要がなければ聞きたくないです

 

自分より先にその仕事をしている人は、きっと他にも多くの業務を抱えています。忙しそうに何かをしている時に、呼び止めるタイミングが私には掴みづらいのです。

 

そうだよコミュニケーション能力に問題があるんだようるせぇな!

 

...という事もあり、教えてもらう際は、もう2度とこの事で貴方に話しかけることはないだろう、という勢いでメモをとります。何度かこなしていれば覚えますしね。流石に覚えます私でも。

 

でも、最近の若い子...と私が言ってよいのかわかりませんが、メモをとらない人が多いですね。メモ魔の私としては、マジかよすげぇ、脳の構造見せてよ頼むよ!と思います。

 

まぁ...だいたい覚えてないんですけどね...。

 

伝言すべきこともメモ。

何ならそれを書いて、ポッケに忍ばせる事をせず、此れ見よがしに全員が必ず1度は視界に入れるであろう場所に貼り付けたりします。

確実に私が伝達を忘れることはないし、運が良ければ「これなぁに?」とこちらが呼び止める前に話題を振ってくれます。

 

すごくコミュ障で仕事ができない奴みたいですね...。

 

後は、やることメモ。

基本的に仕事は早く済ませて、のんびりしたいので、頭の中で「まずはAをして、次にBをして、CのついでにDを...」等々、その日のスケジューリングをしますが、既にボケが始まりつつある私の脳内ではAの途中で忘れることもあるんですね。

 

仕方ないのよ...大学の時に強く頭を打ったんだもの...仕方ないのよ...(言い訳)

 

そしてAが終わって「あれ...次何するんだっけ...何かしようとこの場所に来たわけだけど...」と悩み、結果すっ飛ばしてDをしちゃう時もあります。

そして、退勤が近づいて「アーーーーッ!!B!!」ってなる。アホすぎィ!

ルーティンワークはいいんですけど、突発的な事や、些細なこと「トイレの石鹸を補充する」とかは、仕事してたら記憶の彼方へ飛んでいくわけです。

思いついたらすぐすればいいのに...(小声)

 

その時こそメモ。

突発的に発生したものをザッと箇条書きにして、番号をふる。

これだけで、何をすべきか、何からすべきかがわかる、私にとってはエクスカリバー並の最強武器になります。わかりにくいですね、ごめんね。

 

そうするとあら不思議。

「次何するつもりだったっけ...」の時間はニフラムされます。わかりにく((ry

さらに、私は「ついでに」が大好き人間なんですが、「これするついでにあれしたらいいじゃ~ん」までもが、メモにすることで発見できます。

最強じゃん...アルテマかよ...

最近FFしてるからね、ごめんね(小声)

えっ?FFが気になるって!?わかるよその気持ち!!

FFⅥ プレイ日記1(ネタバレ注意) - 好奇心旺盛な暇人

 

さて、メモって最高!好き!抱いて!!って勢いで書き連ねましたが、メモとして書き出さなくても大丈夫な人はそれでいいと思ってます。

頭に引き出しが作れているのでしょう。

 

何より

なんかスマートでカッコイイ(小並感)

 

私もいつかは、メモせず、頭の引き出しを駆使してスマートでカッコイイ記憶力を手にしたいものです。

 

ただ、私と一緒で、ちょっと記憶力に自信がなかったり、やらなければいけない事がいくつか重なって、どれからすればいいかわからずパニックになるタイプの人は、試してみるとよいかもしれません。合うか合わないかはわかりません。

貴方と私のタイプが合わなくて「騙された!この詐欺野郎!」とコメントされても、私は「ハハッ!ワロス」としか言えませんごめんね。

 

でも、話聞いててメモもせず「はい、はい、わかりました」って言うのは、仮に本当にわかってても、覚えてることができていても、メモをとらず聞く姿勢に対して嫌がる人もいて、メモをとるモーションが必要な時もあるから人間って難しいよね。

 

そろそろお酒がなくなるので、締めます。

文章力落ちた気がするなぁ...。

またお酒を飲んで、思いついたら書きますね。

 

FFの更新もガンバルヨ↑