好奇心旺盛な暇人

ゲームの感想や、アニメ、漫画の感想をぶちまけるだけ

FFX プレイ日記9

ネタバレ注意⚠︎

 

ビサイド・オーラカ。伝説の最弱チームとして有名なのだそう。23年連続初戦敗退...妙なファンもついちゃうレベル...そりゃ...そりゃ負けるよう!!!!!!!!

参加チームの紹介のあと、偉い人が到着しました。

あっ...あっ...

シーモア老師だーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!うわーーーーーーーーー!!!!(頭を抱えて崩れ落ちる)

 

シーモアはエボンの老師らしい。グアド族とかいう種族で、ヒトとはまた違うらしい。毎回思うけどなんだろうなああの髪型はよ。声はいいのによ。

 

シーモア老師、早速ユウナを発見し見つめる。ストーカーとしての行動を遺憾なく発揮してますね!!!!今後も期待できそうです!

 

なんとここで、ユウナがアーロンの目撃情報があったぞ!と言いに来ます。

あれ?アーロンのこと話してたっけ?まぁ、いいんだけどさ。アーロンもブラスカのガードだったみたい。どんどん繋がっていきますね...世間は狭いとはこのこと。

 

カッフェに行くと、ロンゾ族のふたりが、キマリに絡んできました。キマリ、小さい、うはははは!という感じでした。おーっと、ここでキマリ選手、黙ってアッパーを決めるぅーーーーー!!!!

なんて乱闘を眺めようとしてたら試合開始の時間が近づいてきました。チッ。

ジェクトシュートは会得したけど...勝てるかなぁ...?

と思いきや、一回戦の相手、アルベド族がユウナを攫いました。返して欲しくば一回戦負けろ、と。

どんだけ最弱なのぉ??????ビサイドって23回連続初戦敗退してるのにぃ??????そんな保険までかけちゃううぅぅぅ??????

 

もちろん楽々救出しましたが、リュックたちが乗っていた船とは違う模様。

そこで新情報、シドというアルベド族はユウナの叔父にあたるそう。つまり、ユウナの母親がアルベド族らしい。しかし、それはワッカには内緒なんだって。アルベド族を毛嫌いしてるから。

これは...ワッカとリュックの間で何かありそうですねぇ!!!!!!

まぁ、そんなこんなでアルベドとの試合には勝ちました。もちろんオートで進行。が、ワッカが結構な怪我をしてしまったそう。だいぶラフプレーされてましたからな...。ワッカの引退試合ですが、ワッカは怪我もあり決勝はベンチに。

 

その時、ルールーとワッカの2人での会話がありました。「かっこつけどころだったのにな」と言ったあと、傷で気絶したワッカに、「あんたは、あれでいいんだよね」とルールーが呟きます。おやおやおやおやおやおやあーーーーーーーーー!!!!いい感じーーーーーーーーー!!!!そういうの好きですう!!!!!

 

さて、ルカ戦です。なんとアーロンもひっそり観戦に来てます。オーラカ完全に舐められています。わかります。でも私は殺します。

 

 

前半の段階で2点入れられました。ごめんなさい死にます。

なんと、後半の途中、会場からワッカコールが。ワッカって...大人気なんだな...。そこでティーダがベンチに戻りワッカが出場します。

 

ワッカつんえええええ!!!!ワッカが入った途端1点取れました。

結果1-3で負けんたんすよね。えぇえぇ、そんな弱小チームがすぐ勝てるなんて...

 

なーんてな。

 

なにっ!!!(丸パク)

 

神は言っている!負けるべきでないとぅ!!!やりました。2回目にして2-1で勝つという快挙です。最強です。私が最強のブリッツボーラーです。跪け。

勝ったのに、優勝したのに攻撃力スフィアしか貰えなかったのはキレそう。全種類よこせや(山賊並感)

そこへまさかのサハギンの襲来。スフィアプール内でワッカとティーダは戦います。めちゃくちゃ連戦です。15匹くらいサハギンをやった気がする。

街の中にも魔物。そこに颯爽と現れるアーロンさん。キャーーーーーー!!!!!!!!いいとこ取りメーーーーーン!!!!いや、好きだけどさ。渋いし...。最高のガードなんだって...イケメン...私のこともガードして...。

 

魔物に囲まれたその時、シーモアが召喚します。なんか...めっちゃやばそうな見た目でした...ラスボスとかが使うような見た目の召喚獣でした...引きます。

(でも召喚獣の見た目は最高に好き。包帯ぐるぐるまきで、なんか処刑されたかのような見た目...すき...)

 

戦いも終わり、出発です。おおおお!ワッカがビサイド・オーラカにトロフィー渡してる!こんなシーンなかった気がする!記憶が無いだけかもしれないけど!

 

一方、ティーダはアーロンに詰め寄ります。「何もかもアンタのせいだ!」と。アーロンは笑い、語ります。10年前、ジェクト、ブラスカ、アーロンでシンを倒した。その後、アーロンだけがザナルカンドに渡り、ティーダの成長を見守っていたらしい。

いつの日かスピラに連れてくるために。それがジェクトの頼みだったそうな。

 

ジェクトは生きてるのか、という問いにアーロンは答えます。あれを生きているというのならば。ただ片隅にジェクトは残っている。

「シンはジェクトだ」

 

またな!

FFX プレイ日記8

ネタバレ注意⚠︎

 

普通に外へ出てきましたが、ティーダの件に関してはお咎めがなかったようです。

チョロいな。

寺院の外で市民に囲まれたユウナを見て、ティーダはザナルカンドでの自分の姿を思い出し、混乱します。

 

ユウナ「どうしたい?」

 

ティーダ「叫びたいかも...」

 

ティーダ「わーーーーーーーーー!!!!」

 

いや、それはシンの毒気にやられたと思われても仕方ないのでは...???

 

さて、一行は船に乗り込み、ルカへ向けて出発します。ルカについたら試合です...試合、です...負けたことしかないよ...

強豪チームがユウナに絡んでいたので救出しに行くと、ビサイドチームを馬鹿にされたので何故かユウナがムキになって言い返してました。ティーダが入ったら強くなる、ティーダはザナルカンドのチームなんだから、と。

流石の強豪チームの選手も「召喚士ってよくわっかんねえな...」という感じになり解散します。

ユウナは、ティーダのザナルカンドもきっとどこかにある、自分はジェクトからザナルカンドの話を聞いて憧れているのだ、と言います。

でも召喚士がザナルカンドって言い出すのは危ういのでは...。ワッカお兄ちゃんが焦っちゃうわよ。

船を探索していると、ルールーとワッカが話し合っています。ティーダをどうするのか、と。

ワッカはルカでブリッツボールのチームに入れば、と思っていますが、ルールーが言うにはユウナがティーダをガードにしたがっている、と。

ここでルールーは父親のことが嫌、父親の影を重ねられるのも嫌だとティーダについて言います。わかってんやん...さすがやん...と思ってたらルールーはユウナから聞いたみたい。なんやねーん!観察したんちゃうんかーい!!!

 

まとめると。

ユウナは、ティーダをガードにしたがってるみたいだけど、ジェクトの息子だからガードになってくれ、と頼むのは、父親嫌いのティーダには逆効果。ワッカがそれとなく勧めてみる、というのが2人の方針のようで。

 

そもそもルールーとワッカは、ユウナが、ティーダにガードになって欲しいのは、ティーダがジェクトの息子だから、と思っているよう。

いやいやいやいや...もうユウナはティーダにほの字だからよ...

どうなんでしょうね、そこんところ。

 

あとはジェクトシュートを習得しました。余裕でしたね。ドヤ顔しちゃうわ。

ユウナも見ていたようだけど、ジェクトシュートとわかったみたい。子供の頃に見せてもらったよう。そこで珍しく、ティーダが父親のことを話し、ふいに、ジェクト生きてるのかな...と気にします。

少し心に動きが出たんでしょうかね。もし会えたら、まず殴ると。そういう事も考えれるようになったんですね。

同じ有名な父親を持つユウナに、父親が有名だと嫌じゃないか?苦労しないか?と問いますが、時に重く感じていたが、スピラ中で有名な父親を誇りに思っているのだそう。

ティーダもいつかはそう思えるのでしょうかね。

他人の活躍を見るのが嫌いなジェクトが、ルカに来るとは思えなかったけど、何か起こりそうな気がしたそうですティーダくん。

 

これはなにか起こりますねえ!!!!!!!!

FFX プレイ日記7

 

ネタバレ注意⚠︎

 

さて、シンのコケラを倒して進むと、ワッカがザナルカンドについて聞いてきます。

ティーダは「どうせザナルカンドから来たなんて、信じてないくせに...」と言いますが、ワッカは「もしかすると、シンに倒された奴は死ぬのではなく、時を超えてしまうのではないか。ひょっこり帰ってくるのではないか」と言い出します。

それに対しルールーが一喝。よくもそんな逃げの考え方が思いつくな、と。

し、辛辣...

 

ルールーは「チャップ(ワッカの弟)はもう死んでいるし、誰もチャップの代わりにはなれない。ブラスカ様の代わりも、ジェクト様の代わりもいない」と言い放ちます。

ルールーってブラスカとジェクトとも面識あったんだな。でもユウナが知ってるくらいだからそうか。中高生くらいの歳の頃なのかな。いや、その頃ならおじ様はかっこよく見えるよな、うんうん。

そして先に行ってしまったルールーに対し、ワッカは「俺だってチャップの代わりにはなれないんだ」と呟きます。

あれ?ルールーってチャップと付き合ってたんだっけ?既にワッカと付き合ってるのかと思ってた。...ほんとストーリー忘れてるな...。

 

ちなみにティーダは、というと。

ルールーとワッカとチャップの間に何かあることはわかった。でもそういう話は苦手だから。とのこと。

 

お前主人公ーーーーーーーーー!!!!仲間内のいざこざにもっと介入してーーーーーーーーー!!!!

まぁ介入しすぎたら多分ウザいんだけどさ。ルールーとかめっちゃ嫌いそうだよね。第三者に介入されること。

まぁ、さ。そんなことより酒飲もうよ。な?

嘘です寺院行きます。

どうやらここの寺院はブリッツボールゆかりの地らしく、優勝を祈願してくるチームが来るのだそう。

そこで、ルカのブリッツボールチームが現れます。もう強豪チームにありがちな人を見下した態度。ティーダは親父を思い出し、絶対このチームには勝つと誓います。

(私が操作しないなら勝てるかもしれないね!)

 

そんなこんなで寺院の中へ。

ちなみに未だにキマリの声聞いたことないよ?話しかけるタイミングがある度話しかけてるけど、首を振られて終わりだよ?なんで?CVあるよね????

 

寺院の中で別の召喚士ドナと出会います。ユウナはブラスカの娘とのことで、なんだか嫌味を言われます。ガードをゾロゾロとダッサ!みたいな事を言われますが、ユウナは強気で「ガードは命を預けても安心な人です。私は信頼出来る人が多くて最高に幸せですぅ!!!!」と言い返します。ヒュウっ!!!!

 

さて、ここからは祈り子というのに会うために試練の間に行きます。一緒に行こうとしたティーダは追い出されます。「ガードじゃないから」とのこと。

 

いじけたティーダはぼんやりしてますが、そこでドナがやって来て、仕返しとティーダを試練の間に送り込みます。陰湿な女~~~~!!!!!!!!ペッペッ!!!!

掟破りはビサイド同様、相当叩かれるだろうので、試練の間に続く扉の前で、ここで待つか進むかの選択を強いられます。

なに?待ったら帰ってくんの?でもそれいつまでかかるの?いつまで待つの?1時間放置してた帰ってくる保証なんて

もういいや進むーーーーーーーーー!!!!

 

寺院攻略したら寺院の奥へ。祈り子がいる部屋の前でガード三人衆が待機しています。祈り子の説明がありましたが、いわゆる祈り子=召喚獣って認識でいいのかな。恐らく。シン討伐に進んで命を捧げた人が、祈り子像に魂だけ残されて、力を貸してくれることになったらその魂が召喚獣になる...?みたいな...?

 

わからんちーん。

 

するとユウナがフラフラしながら出てきました。みんながユウナを気遣うのを眺めながら、祈り子の部屋の前で聞こえていた歌は、子供の頃から知っていた歌だと。やはりザナルカンドとここは繋がっているのだと、感じていました。そろそろ受け入れそうですね。

 

召喚獣、イフリートを てにいれた!!

またな!!

FFX プレイ日記6

ネタバレ注意⚠︎

 

さぁ前回、「異界送り」ってなんじゃろな?というところでした。

 

どうやらスピラでは死者ってのはさ迷うらしいです。自分の死を受け入れられず、生きてるものが羨ましくなる。その気持ちが妬みや憎しみになる。結果、魔物になって人を襲ってしまうのだと。

そんなものは悲しすぎるから、さ迷う魂を異界送りで送ってあげるのだそう。

 

この時のムービー、綺麗でしたねぇ。音楽も神々しい感じで、とても素敵でした。

 

この時、ルールーは「ユウナを最後の時まで見守るしかない」と言います。最後の時に引っかかるティーダですが、シンを倒す時まで、とあやふやにされます。

 

もう異界送りなんて見たくない...そう思いつつティーダは宿屋で休みました。

翌日、なんか危なそうな子供を助けたんだけど、いつものお辞儀をしただけで、何もくれませんでした。

 

何も、くれませんでした。

 

あと毒気にやられた、と言われている人がいましたが、「見せ物じゃねえぞ!」と言われるだけでした。

これは毒気云々とかじゃなくて、あまりのショックで怒りが出ただけでは...?とは思いましたが、そんなもんなのかな。この世界では。

みんなが穏やかな心で過ごすべし、みたいな指針でもあるのか、感情的な人は毒気にやられた事にされちゃう...?流石にそこまではないかな?

 

さてさて。

 

速報です。さっき助けた子供の姉からエーテルもらいました。なんとも言えないアイテムでした。

 

寺院へ向かう森の入口で、ユウナからガードになってくれ、とお願いされます。しかしながら魔物の戦いはシロウトのティーダ、やめた方がいいとワッカに止められます。

そこでユウナの反撃!

「ガードじゃなくてもいいの、そばにいてくれれば.....」

 

はーーーーーーーーー!!!!これもう惚れてますわ!!!!ティーダにほの字ですわこれえ!!!!!!!!

 

とりあえず話は後で、ということで森を進みます。やっとこレベル上げ開始かな...と思いきや今まで空気だったキマリの戦闘チュートリアルが始まりました。キマリ、やっと。キマリ、まだ台詞ない。

 

あと森をちょろちょろしてたら、討伐隊に止められました。オチューがいるから気をつけろと。オチューは強いぞと。

 

なるほどこいつを倒せるほどになれればいいんですね!!!!

 

と思いきや、2~3個スフィア盤解放したら倒せました。何やねん。はぐれオチューよっわ。こんなんも倒せない討伐隊よっわ!!!!!!!!(煽りスキル全一)

 

そんな感じで進むと、寺院の手前で「シンのコケラ」と遭遇します。「シン」から剥がれ落ちてそのまま魔物になったのだそう。

 

戦闘後、ティーダはワッカから、バトルの才能もある、と褒められ、頭の隅でガードになることを考え始めます。

 

単純ボーイーーーーーーーーー!!!!

 

今回はここまで。

じゃあの。

FFX プレイ日記5

ネタバレ注意⚠︎

 

レベル上げしようにも敵が出ないのでバンバン進みます。

そこにキマリが襲いかかってきた!えっ????戦闘????なんで????

 

どうやらキマリはお手並み拝見したかったのかな?キマリは無口だからな...。だからって急に切りかかってくるのはちょっと...。

 

てかFFXって戦闘三人まで?マジか...マジか...。だからだよ...だからストーカー老師でボロ負けしたんじゃん...戦闘4人がいいよう...

 

そんなこんなで旅立ちです。ユウナちゃん、みんなに惜しまれつつも出航です。村人にめっちゃ話しかけてアイテムもらいました。あざっす。

 

さて、一行はポルト=キーリカへ。ユウナはやっぱ横乳だな(確信)

船で行商人っぽい23代目オオアカ屋とかいうのに出会いましたが、金を持ってなさそう、とか舐め腐ったこといいやがったので、二度と利用しないと決めました。

 

待って先に寄付しなきゃいけないの!?!?!?

んだよおめぇ!!!!

 

あと動力室ではひたすらチョコボが走ってました。あのハムスターが走るやつ。あれを動力にしてるみたい。社畜で草

 

船ではあと、アルベド語の辞書を拾いました。そういやそんなイベントもあった気がする。

 

さて、ユウナはブラスカの娘、とみながざわついています。ブラスカとは10年前に『シン』を倒した召喚士?のようです。だから有名だと。

ティーダは自分と重ねたようですね。自分も有名なブリッツボールの選手、ジェクトの息子ですから、同じような扱いだったのでしょうね。

 

ただ船で並んで風に当たってて急に二人で笑い出すのはやばいと思います。そういう二人だけの世界、周りが気を遣うからやめた方がいいと思う。

 

話していると、ユウナはザナルカンドを知っているようでした。なぜか。ジェクトから聞いたんだと。ブラスカのガードがジェクト、つまりティーダの父親だったのです。

 

ティーダは中々信じられないようでしたが、時期が合致していたり、実際にティーダがスピラにいたりと、ユウナは確信しているようでした。ユウナが知るジェクトはティーダの父親本人だと。

 

そこへ、シンが襲来します。シンってこんな頻繁に襲来するもん?出会ったらやべえってのはわかるけど、そんな頻繁に出没されたら、大体のやつがやばいべ...

 

とりあえずシンを退けることに成功しましたが、その拍子にティーダは海に投げ出され瀕死に。危ない危ない...と思いきやなんかモンスターと遭遇しちゃったんだなぁ...連戦なんだなぁ...経験値ないのになぁ...ふーん...

 

と思いきや2戦目終わったらまとめて入ってきた!許した!!!!

 

ところがシンの影響か、すぐ近くにあったポルト=キーリカが崩壊します。吸い込まれるかのように全てが巻き上がっていきました。

それを目の当たりにしたユウナは、必ずシンを倒すと決意し、一方でティーダは、スピラから帰ることは容易ではないと悟ります。シンに会えたからって帰れる訳では無いと。

 

キーリカに降り立ったユウナは異界送りをすると申し出ます。異界送りとはなんなのか。

 

今日はここまで。

もう少しまとめて書けたらいいんだけど、記憶喪失にならないようにプレイしながら書いてるから許して。

 

またな!

FFX プレイ日記4

ネタバレ注意⚠︎

 

さぁ、ビサイド村の散策も終わったので、ワッカの家でお昼寝です。

うとうとしているところに司祭?みたいな人がワッカを訪ねてきました。どうやら誰かが帰ってきていないようです。様子を見てきてほしいとの依頼。

 

そのままティーダは寝るんですが、夢を見ました。過去、自分の父親も帰ってきていないと捜索されたようで。ティーダは嫌いなのか別にいいじゃん、って感じなんですが、ティーダの母らしき人が

死んでしまったら、きらいということも伝えられないのよ

と言ってました。なるほどなす。

 

寺院に行くとワッカが。従召喚士が試練の間から帰ってきていないと。掟だから助けにも行けないと。そこでティーダは死んじゃったら意味無いだろ!的な事を言って駆け込みました。

キマリがついてるなら大丈夫なんじゃないかな...(小声)

 

そんなこんなで試練の間に突入です。

ちょこまかと謎解きをしつつ進みます。本来は従召喚士と召喚士、そしてガードしか入れないという試練の間。ワッカはガードだからいいらしいよ。

 

さぁ、奥に行くとルールーとキマリが。ふわーお!ルールーさぁん!!!!!!す!き!

 

そうしていると祈りを終えたらしい召喚士様が戻ってきます。

無事に召喚士になりました、と。そういうわけで村はお祭り騒ぎ。召喚士の誕生にざわつきます。それはそうとユウナの服えっち。

そして召喚獣、ヴァルファーレを得ましたとさ。

あと正式にビサイド・オーラカのブリッツボールチームに加入しました。

優勝だ!優勝だ!優勝優勝優勝だ!ふうううううううううう!!!!

まぁ勝ったことないんですけど。

 

夜にユウナをナンパしようとしたら、じい様ばあ様に掟破りめ!と罵られました。まぁ確かに試練の間に行かなくても、普通に帰ってきたでしょうけどね。えぇえぇ、悪うござんした。ペッ!!!!

 

ユウナは大召喚士になれるかな、と心配してたけど、僕よくわかんなぁ~い。

ザナルカンドのこと、聞かせてね、ってユウナに言われたけどどういうこと...?ユウナは知ってるの?それとも周りの人に毒気にやられてザナルカンドとか言い出すって聞いてるの?んんん?

 

ちなみにワッカに「(ユウナ)かわいいだろ?」と聞かれ選択肢がでましたが、私はリュック派、さらに言うとルールー派なので「好みじゃないな」と答えました(ゲス顔)

 

寝たら夢見たんだけど、ユウナとリュックに板挟みにされた。あとジェクトパパが出てきた。パパに「大っ嫌いだ!」って言ったところで目が覚めました。

 

現実ではルールーとワッカが喧嘩してました。は~~~~~~すぐ痴話喧嘩。早く結婚しとけ。

喧嘩の内容はあんま明言されてなかったけど、ティーダがチャップ(ワッカの弟)に似てるからって感情移入すんなって事なのかな。

 

起きたらまた剣をもらいました。チャップにあげた剣なんだって。

使いづら...........

 

はーーーーまた知らん単語。「ナギ節」やって。昔の大召喚士のブラスカがナギ節しに来た時に、ユウナもビサイド村に来たんだとか。ところどころ悲しそうにしているのはなんでなんでしょうね。それはこれから明らかになるんでしょうな。

 

ちょこちょこ歩いてたら戦闘チュートリアルがありました。普通の敵、飛行してる敵、魔法が有効な敵に関してですな。

ルールーも加入しました。

 

さーってLvあげすっぞぉ!!!!

FFX プレイ日記3

ネタバレ注意⚠︎

 

 

さぁ、海に流されたティーダくん。

 

目を覚ました砂浜で、言葉の通じる人、そしてブリッツボールを目にします。

 

はっや.......。

 

そしてそしてワッカさーーーーん!ティーダはやっと助かったと思いましたが、

 

で、でーーーーーーーーー!!!!エボンの賜物、謎のポーズーーーーーーーーー!!!!

あのスーってやってお辞儀するアレ(語彙力)

 

ザナルカンドの破滅、ワッカが言うには「調子に乗った人間への罰」だそう。機械仕掛けの街で面白おかしく遊んでいた、楽して暮らしていたんだろうと。

 

ここからティーダの目的が決まります。『シン』にもう一度会えば、ザナルカンドへ帰れるかもと。

 

ワッカはいい兄ちゃんキャラって感じですね。好きかどうかと言われると、いつも髪型に関しては気になってますね...という感じ。

武器もさ...もっと...もっとなかったんですか...!格闘でもええんです...だって、これじゃあドッチボールじゃん...!!!!

 

まってもしかしてワッカって23歳...?13歳でチームに入った10年選手ってことは...そういう、こと、ッスよね...。

そんなこんなで、ティーダはワッカ率いるチームに加入することになりました。

 

『目標は?』って聞かれたら『優勝!』って答えるんスよ。ティーダ先生はそう仰ってました。現場からは以上です。

 

さぁさぁ新たなキャラが登場します。討伐隊のルッツとガッタ...?記憶にないですね...。

そんな感じで『ビサイド村』に到着したので散策でございます。ここで生活の基本であるお祈りをマスターします。スーッとやってお辞儀するアレです。それはなんとブリッツボールの選手なら知ってる勝利のおまじないなんだそう。

 

どこをどういじって伝わったらそんな風になるんスか...おまじないもお祈りも、そんなに変わりないのかなぁ。

そういやガッタの声って...いや、やめとこ。違うかもしんないのでね。

この世界の討伐隊は『シン』の進路を逸らしたりくらいで、倒したりはできないんだと。倒すのはほかの人だってさ。

後は自分で思い出せって。

 

ケチ!!!!!!!!!!!!!

 

みんなから「シンの毒気が...あちゃー...」みたいな対応されるから「何やねんこいつら!ぷんぷん!」って思ってたけど、確かに「安土城からきました」とか言われたら「アイタタタ...」って思うわな、なるほど、そら毒気にやられてますわ。どんまい!

 

シンの毒気にやられたならお祈りすれば治るワンチャン、と情報を得て寺院へ。寺院で召喚士についての説明を受けました。なんかすごいおじさん達に感謝しろってことだと思う!(byティーダ

 

そしてここで、召喚士の守り人の名前が出ました。『ガード』ですって。

 

ま、まんま~~~~~~まんま防御~~~~~!!!!!!!!

 

まだ序盤も序盤なのでストーリー説明ばかりになってしまいますね、どうしても。頑張って所々感想は挟んでいきたいです。

画像もないのでなおのこと難しいです。