読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好奇心旺盛な暇人

ゲームの感想や、アニメ、漫画の感想をぶちまけるだけ

FFⅥ プレイ日記10(ネタバレ注意)

ゲーム日記 ファイナルファンタジー FFⅥ

ネタバレ注意!

 

↓前回↓

 FFⅥ プレイ日記9(ネタバレ注意) - 好奇心旺盛な暇人

 

ケフカガストラ皇帝は幻獣界へ行き、伝説の三闘神とよばれる神様の力を使い、魔大陸を浮上させました。

 

我々も飛空挺を使い魔大陸へ乗り込みます。

この時に、二チーム(記憶が曖昧)に分かれて探索になったのですが...主要メンバー4人しか育ててなかったので...めっちゃ苦戦した...

 

さぁ、魔大陸の最奥でケフカガストラ皇帝を追い詰めます。

 

f:id:mayonaka_kiki:20170223095606j:image

よくある台詞ですねェ!(ダメ出し)

 

追い詰めた我々は術で身動きが取れなくなります。ところが...

f:id:mayonaka_kiki:20170223095751j:image

なになになになに~!?!?

君、セリスにホの字なの~!?!?

 

セリスティナたちを殺すように命じられます。

f:id:mayonaka_kiki:20170223095844j:image

f:id:mayonaka_kiki:20170223095929j:image

 ンギャアアアアア!!

セリスケフカに斬りかかりました!

かっこよすぎ!セリスカッコよすぎだよぉん!!!

 

斬りつけられたケフカはキレて、三闘神の像を動かします。

この三つの像。バランスよく見つめ合うように配置すれば、力のバランスが取れるらしく、像を動かす事により、力のバランスが崩れるそう。

 

ケフカ世界を滅ぼそうとします

キレて世界を滅ぼされたらたまったもんじゃないよぉ!!!

流石の出来事にガストラ皇帝も止めに入ります。そこはまともだった...。

ガストラ皇帝は、とにかく力が欲しかったのね...。

しかし、ガストラ皇帝の抵抗虚しく、死亡。

 

像は動かされ、世界が崩壊へと進んでいきます。

 

f:id:mayonaka_kiki:20170223100041j:image

セリスーーーーーーーッ!!

吹き飛ばされたセリス...

 

そこに

 

シャドウ登場ーーーーーーーーー!!!!!!!

実はサマサの村で別れてたんですね。

お前ってやつは...最高だぜ!!

セリスを助けたシャドウは、像をなんとか元に戻そうとケフカに対抗します。

 

f:id:mayonaka_kiki:20170223100540j:image

f:id:mayonaka_kiki:20170223100623j:image

f:id:mayonaka_kiki:20170223100639j:image

 

抱いてーーーーーーーーー!!!!!

何これシャドウかっこよすぎ!何これ!!!

好き!もうアタイ、シャドウのこと好き!!

よく見たらその覆面も素敵!!!

ゼクシィ一緒に買お!?!?

 

シャドウに助けられた我々。

シャドウを置き去りにし脱出を試みます。

 

えっ...?

シャドウは...?

えっ...?

 

ここでもまた時間制限ミッションでした。

が、道に迷い、敵に手こずり、5秒前とかに目標地点にたどり着きました

 

f:id:mayonaka_kiki:20170223100831j:image

 

ンギャアアアアア!!!!!!!!!!

結婚して!!!もう私貴方のために式場予約するわ!!!!!

 

(深呼吸)

 

そして世界は...

f:id:mayonaka_kiki:20170223101009j:image

崩壊しました。

分かりにくいな...

 

世界は崩壊し、陸も殆どが消え去って行きました。

 

f:id:mayonaka_kiki:20170223101124j:image

これから、世界はどうなってしまうのでしょうか...。

 

次回!

世界の行方!

デュエ〇スタンバイ!

FFⅥ プレイ日記9(ネタバレ注意)

ゲーム日記 ファイナルファンタジー FFⅥ

ネタバレ注意!

 

↓前回↓

 FFⅥ プレイ日記8(ネタバレ注意) - 好奇心旺盛な暇人

 

幻獣が向かったと言われる山。

最寄りに一つサマサという村があります。

村人に話しかけますが、皆何故か挙動不審

ある老人に話しかけると、幻獣なんて知らない、との事だった。

ところが、この村のあちこちでイベントが起き、ケアルを使う母親、ファイアを使う少年、などなど、消え去ったはずの魔法の存在が、この村にはあったのです

 

魔法の存在を明らかにすると、1番魔法に長けてる(多分)のストラゴス爺と、幻獣が向かったという山へ向かいます。

孫のリルムに後をつけられながら...

 

そこで奴に出会います。

 

f:id:mayonaka_kiki:20170220003448j:image

 

わぁ...。

そう、実はセリスのオペラの時も登場してたんです。

日記ではスルーしてましたね...。

倒してもしつこいオルトロスくん

そこでリルムが登場。スケッチさせてくれ、と頼みます。

リルムの戦闘特殊能力は「スケッチ」。

描いたモンスターが攻撃するようです。ストラゴス爺も「スケッチだけはやめてくれ!」と怯えていたので、人間に対しても有効なのでしょう。

 

f:id:mayonaka_kiki:20170220003500j:image

 

 f:id:mayonaka_kiki:20170220003538j:image

 

 f:id:mayonaka_kiki:20170220003514j:image

 

チョロすぎーーーーーーーーー!!!

もちろんオルトロスくんは彼方へと消えていきましたとさ。

 

その後。山頂付近に近づいた一行は、洞窟内で幻獣たちと出会います。

どうやら幻獣たちは、魔導研究所に捕えられた幻獣たちを助けたい一心で封魔壁をぶち破り、魔力が暴走し、意識のないまま帝国を襲ってしまったのだとか。

 

現在では落ち着いており、罪悪感すら覚えているよう。

 

でも敵対の意思がないなら、和平もいけるやんけ!ということで、人間と幻獣で村に戻り、話し合いを行います。

 

レオ将軍と幻獣代表のユラ、どちらも性格が良いタイプが筆頭のようで、和平は順調に進み、

 

ケフカが登場。

 

デデドン。

 

ガストラ皇帝の命で、1箇所に集まった幻獣たちを全て魔石に変えるつもりのようです。

何故かわからんが、パワーアップしたケフカ。みんな気絶させられ、レオ将軍は殺されてしまいます。

 

あ、あぁ、はい。

おっけ、そういう流れね。

レオ将軍...いい人だったけど...何ていうか...

思い入れはそんななくて...

 

そして全ての幻獣は魔石に変えられ、ケフカは帰っていきます。

 

我々は騙されていたわけですね

ケフカに。そしてガストラ皇帝に。

 

レオ将軍のお墓を作って、皆で幻獣界に向かったというケフカガストラ皇帝を追いかけます。

 

許さないぞ☆

 

余談

f:id:mayonaka_kiki:20170222040304j:image

 

仲間にしたクポ~!

尚、右の狼は助けなかった模様。

FFⅥ プレイ日記8(ネタバレ注意)

ゲーム日記 ファイナルファンタジー ゲーム FFⅥ

ネタバレ注意!

 

↓前回↓

FFⅥ プレイ日記7(ネタバレ注意) - 好奇心旺盛な暇人 

 

さて、封魔壁から出てきた幻獣たちによって大打撃を受けた帝国。

そしてガストラ皇帝から、リターナーに対して和平を申し込まれます

 

f:id:mayonaka_kiki:20170218053519j:image

 

レオ将軍...いい人なんだろうけど...でも...

今までで一番ビジュアル厳しい...ごめん...

ドマの時からずっと思ってた...

 

さて、和平交渉の前に、帝国内には和平に納得のいっていない者も多いようで、4分間で多くの兵士と話してほしい、と言われます。

 

今まで特筆しなかったけど、時間制限イベントって結構多いんすよ。

案外楽に終わるけど。

 

ただ、今回はキツかった...。帝国内初めてだから迷うし、壁に引っかかるし、襲いかかってくる兵士はいるしで...

MAX何人かはわからないけど、多分MAXにはいけてない...

 

そして和平交渉。

話し合いに置いて、どのように話すか、返答するか、が選択肢によって委ねられました

 

因みに攻略サイトを見ますと、この選択肢によって、ゲームが詰むとかはなさそうでしたが、先程の時間制限ミッションと合わせて、正しい選択肢を選ぶと、アイテムが貰えたようですね。

 

和平交渉中に、ケフカ牢屋に入れているという情報がさらっと出されて、「お、オン...」ってなりました...。

 

そして、和平が決まり、早速、帝国リターナーで協力し、まずは各地に散ったであろう幻獣たちを探すことになります

 

レオ将とパーティメンバー...

だけでなく

帝国サイドからまた2人追加で来ました。

 

1人はシャドウ

そしてもう1人が

リス~~~~~~~~!!!

スクショはないけど~~~!!!

 

ロックがびっくりして、セリスに話しかけますが、セリスはそっぽを向きシカトします

あ、アァ...ここで壮大な恋愛劇が行われていくのね(そわそわ)

 

目撃情報のあった場所は船でも1日以上かかるようで、船で1泊します。

 

夜。

何か悩んでいる様子のティナちゃん。

そこへレオ将軍が来ます。

 

f:id:mayonaka_kiki:20170218053533j:image

 

あー、そっか、帝国の人間だから一応知ってるのか...。

レオ将軍は洗脳の事を知っていたのに、何もできなかったこと、見逃していたことに少し責任を感じていたのでしょうね...。

 

自分の出生、そして先程のロックセリスモジモジした感じを見たティナちゃんは、愛について考えます。

幻獣と人間で愛し合うことができたから、ティナが生まれた。

じゃあ自分自身は...?とモヤモヤしていたのでしょうか。それとも初めて知る感情に戸惑っているのでしょうか。

 

f:id:mayonaka_kiki:20170218053549j:image

待て待て待て待て!!!!!

確かにな!!その疑問はわかる、わかるよ!?!?

でもさ!レオ将軍に言う必要なくない!?!?

そことそこでそういう関係に発展すんの!?!?

レオ将軍トンデモ勘違い野郎だったら勘違いしちゃうよ!?!?!?

ヤダヤダヤダ!!!ティナちゃんとレオ将軍認めない!!!!!

 

大人なレオ将軍「自分で見つけなさい」と言って立ち去ります。

 

よかったーーー!!!!!

「俺と知っていこうZE☆」みたいな事言われたら衝動でデータ消す所だったわーーー!!

 

f:id:mayonaka_kiki:20170218053632j:image

 

ティナちゃんったら...可愛い...

赤ちゃんの時に攫われて、ずっと洗脳兵士だったから、そういった感情を知るのは初めてなんだろうね...知りたいんだろうね...

 

くっそ...今モブになりたい。
スッと登場して意味ありげに「あの男はやめておきなさい...」って言うだけ言って立ち去って二度と登場しないモブキャラになりてぇ...ッ(歯ぎしり)

 

そうして1人で物思いにふけるティナちゃん。 

f:id:mayonaka_kiki:20170218053646j:image

うおおおおおん!!!!!!

シャドウーーーーーー!!!!

ちょっとキザっぽいけど!!

君なら!!!君とティナちゃんなら私も認めることができる!!いいぞ!!!!ほら!!!トークしろよ!!!

 

って思ってたら、ティナちゃんスタコラサッサーと寝室に戻っていきました

 

なんでや!!!!!

【雑記】メモの魔法

雑記

どうも。

 

たまには普通の日記でも書こうかな、という気分になりまして、徒然と書いていきます。

本当に雑記だし、読んだところでこの先の人生において役に立つかというと、欠片も役に立つとは思えません。なんてったって雑記。

 

そして私はお酒を飲みながら書いています。

 

さて、メモの魔法、と適当に題しましたが、皆さん普段メモはとりますか?とりませんか?

私としてはどちらでも構わないと思いますが、私はメモをとる派です。

 

電話応対、伝言、仕事のHow toなどなど、メモをする場面は様々ありますが、私は特にメモを使いまくります。

 

例えば、新しい物事を教えてもらう時などは、事細かにメモをするタイプです。物覚えが悪いのもありますが、人に聞くのが苦手なんですね。

もちろんどうしてもわからない事は聞きますが、聞く必要がなければ聞きたくないです

 

自分より先にその仕事をしている人は、きっと他にも多くの業務を抱えています。忙しそうに何かをしている時に、呼び止めるタイミングが私には掴みづらいのです。

 

そうだよコミュニケーション能力に問題があるんだようるせぇな!

 

...という事もあり、教えてもらう際は、もう2度とこの事で貴方に話しかけることはないだろう、という勢いでメモをとります。何度かこなしていれば覚えますしね。流石に覚えます私でも。

 

でも、最近の若い子...と私が言ってよいのかわかりませんが、メモをとらない人が多いですね。メモ魔の私としては、マジかよすげぇ、脳の構造見せてよ頼むよ!と思います。

 

まぁ...だいたい覚えてないんですけどね...。

 

伝言すべきこともメモ。

何ならそれを書いて、ポッケに忍ばせる事をせず、此れ見よがしに全員が必ず1度は視界に入れるであろう場所に貼り付けたりします。

確実に私が伝達を忘れることはないし、運が良ければ「これなぁに?」とこちらが呼び止める前に話題を振ってくれます。

 

すごくコミュ障で仕事ができない奴みたいですね...。

 

後は、やることメモ。

基本的に仕事は早く済ませて、のんびりしたいので、頭の中で「まずはAをして、次にBをして、CのついでにDを...」等々、その日のスケジューリングをしますが、既にボケが始まりつつある私の脳内ではAの途中で忘れることもあるんですね。

 

仕方ないのよ...大学の時に強く頭を打ったんだもの...仕方ないのよ...(言い訳)

 

そしてAが終わって「あれ...次何するんだっけ...何かしようとこの場所に来たわけだけど...」と悩み、結果すっ飛ばしてDをしちゃう時もあります。

そして、退勤が近づいて「アーーーーッ!!B!!」ってなる。アホすぎィ!

ルーティンワークはいいんですけど、突発的な事や、些細なこと「トイレの石鹸を補充する」とかは、仕事してたら記憶の彼方へ飛んでいくわけです。

思いついたらすぐすればいいのに...(小声)

 

その時こそメモ。

突発的に発生したものをザッと箇条書きにして、番号をふる。

これだけで、何をすべきか、何からすべきかがわかる、私にとってはエクスカリバー並の最強武器になります。わかりにくいですね、ごめんね。

 

そうするとあら不思議。

「次何するつもりだったっけ...」の時間はニフラムされます。わかりにく((ry

さらに、私は「ついでに」が大好き人間なんですが、「これするついでにあれしたらいいじゃ~ん」までもが、メモにすることで発見できます。

最強じゃん...アルテマかよ...

最近FFしてるからね、ごめんね(小声)

えっ?FFが気になるって!?わかるよその気持ち!!

FFⅥ プレイ日記1(ネタバレ注意) - 好奇心旺盛な暇人

 

さて、メモって最高!好き!抱いて!!って勢いで書き連ねましたが、メモとして書き出さなくても大丈夫な人はそれでいいと思ってます。

頭に引き出しが作れているのでしょう。

 

何より

なんかスマートでカッコイイ(小並感)

 

私もいつかは、メモせず、頭の引き出しを駆使してスマートでカッコイイ記憶力を手にしたいものです。

 

ただ、私と一緒で、ちょっと記憶力に自信がなかったり、やらなければいけない事がいくつか重なって、どれからすればいいかわからずパニックになるタイプの人は、試してみるとよいかもしれません。合うか合わないかはわかりません。

貴方と私のタイプが合わなくて「騙された!この詐欺野郎!」とコメントされても、私は「ハハッ!ワロス」としか言えませんごめんね。

 

でも、話聞いててメモもせず「はい、はい、わかりました」って言うのは、仮に本当にわかってても、覚えてることができていても、メモをとらず聞く姿勢に対して嫌がる人もいて、メモをとるモーションが必要な時もあるから人間って難しいよね。

 

そろそろお酒がなくなるので、締めます。

文章力落ちた気がするなぁ...。

またお酒を飲んで、思いついたら書きますね。

 

FFの更新もガンバルヨ↑

FFⅥ プレイ日記7(ネタバレ注意)

ゲーム日記 ファイナルファンタジー ゲーム FFⅥ

ネタバレ注意!

↓前回↓

FFⅥ プレイ日記6(ネタバレ注意) - 好奇心旺盛な暇人

魔石を持ち帰り、ティナに近づくと、ひとつの魔石が反応します。
そして回想シーンに入ります
ちょっとスクショが少ないので文章多めです。

舞台は、幻獣の世界。
そこは幻獣と人間が争う以前の時代。
1人の人間が、幻獣界へ迷い込みます。
人間の世界に居たくないと告げる女性。その女性に惹かれていく幻獣。
やがて2人は恋に落ち、子を授かります。
マディンという幻獣の父、人間の母の間に生まれた子、それがティナだったのです。

ところが、帝国が幻獣の力を利用しようと、幻獣界に攻め入り、幻獣たちを捕らえていきます。

幻獣たちの中では、「あの人間の女が来たせいで...」と囁く者も少なくなく、ティナの母親は責任を感じ、人間界へ帰ろうとします。
連れ戻そうとしたマディンと母とティナは人間界と幻獣界を繋ぐ門に吸い寄せられ、ついでに攻め入ってきた帝国の王、ガストラ皇帝も吸い込まれます。
その空間でガストラ皇帝は、2人の子であるティナに目をつけ、2人が気絶している間に連れ去ります。

そこからは恐らく、洗脳装置をつけ戦士として育て上げプロローグに至った...
といったところですかね。

魔石の力により、ティナが元の姿に戻り、目を覚まします。
そして自分の存在が何なのか知り、記憶を取り戻したティナは、決意新たにナルシェへ戻ろうと皆に号令を出します。
f:id:mayonaka_kiki:20170217114358j:image
ここからは、ティナが戦闘で時間制限はありますが、幻獣の力を使えるようになりました!
やったぜ!!!これで、これで戦闘が楽になるはずだ!

戦闘コマンドのトランス(所謂、幻獣化)すると、多分あれじゃよ、ステータスが上がるんじゃろ多分...多分...


一方ナルシェでは...。
ていうか、実はナルシェって帝国側でもリターナー側でもない中立だったんですよね。そんな中ずーっと説得を受け、バナンの説得で協力関係を取り付けます。

そして、打倒帝国を目指し、まずは幻獣から協力を得ようという話になります。
もちろん仲介はティナちゃん
f:id:mayonaka_kiki:20170217114413j:image
ティナちゃん...あんた、あんたこんなに強くなって...お母ちゃん嬉しい...!

そして一行は人間界と幻獣界を繋ぐ門「封魔壁という所へ行きます。
f:id:mayonaka_kiki:20170217114431j:image
ティナちゃんが...ティナちゃんが凛々しく神々しく見えるよおおおおお!!!!!!

ところがどっこい、ケフカが乱入してくるわけです。
ケフカとの戦闘中、封魔壁が開き、多くの幻獣が飛び出していきます。
その反動で封魔壁は岩で閉ざされてしまいます
幻獣たち帰れないお...

幻獣たちの向かった先は帝国
帝国を燃やし尽くし、バラバラに散っていきます。
この時我々もはぐれ幻獣に襲われましたが楽勝でしたよタハハ!!!

今回、かなりスクショが少ないですね...。

ほとんどイベントばかりで、スクショチャンスが沢山あったのに...

ティナの出生秘話とか、話に没頭しちゃって...
スクショするの忘れてた(ぐう無能)

ごめんね、ごめんね...これから頑張るって言いたいところだけど...
もう...結構先まで...進んじゃったんだ...

 

文章で頑張るから...許してクレメンス...。

 

余談

f:id:mayonaka_kiki:20170218052051j:image

カッパがひどい

 

FFⅥ プレイ日記6(ネタバレ注意)

ゲーム日記 ファイナルファンタジー ゲーム FFⅥ

ネタバレ注意!

 

↓前回↓

FFⅥ プレイ日記5(ネタバレ注意) - 好奇心旺盛な暇人

 

さぁ、いよいよ魔導研究所へ潜入です。

しばらく行くと、ケフカと幻獣が...。

もうお前には魔力がないから用済みだ、とケフカが幻獣を穴に突き落とします。

ケフカが居なくなり、一行も穴へダイブ。

 

そこにはイフリートシヴァが...。

 

その二匹?の幻獣との戦いに勝った我々に、イフリートシヴァは、奥には他にも幻獣が捕えられている、と教えてくれた後、魔石となりました。

 

さらに奥へ進むと、確かに多くの幻獣がいました。

助け出そうとすると、ケフカシドが登場。

f:id:mayonaka_kiki:20170217040111p:image

シドお前どうした!?
その...その服装どうした!?!?
どこで売ってたのそれ!?!?!?
私の知る限り歴代シドで最高にやばいぞ!!!!!

 

ケフカは、セリスに向かって、「スパイ活動ご苦労」的な言葉をかけます。罠ですね。

お互いで潰させようとしたんでしょう。

 

セリスは必死にスパイではないことを訴えますが、ロックたちは疑心暗鬼に...。その隙に、ケフカの魔法により吹き飛ばされたロックたち。

セリスは魔石を持ち、ケフカの元へ...

 

行きました、これ以上好きにはさせない、と魔法を使って自分諸共テレをします。

 

セ、セリスお姉たまーーーーーッ!!!

セリスお姉さまのこと、大好きだったのに...。

アンタがいなくなったら誰が回復役するんですか!!!!!!!!(本心)

 

幻獣がいなくなったことにより、魔力のバランス?を崩した魔導研究所は崩壊の危機へ。

シドが急いでロックたちを避難させようと誘導します。

やっぱりシドはいい人みたい。

f:id:mayonaka_kiki:20170217033927j:image

ケフカに脅され、幻獣から魔力を吸い取り、セリスのように魔法が使えるよう人体実験をしていたことを悔いていました。

いい話なんだよ、真面目ないいシーンなんだけど...。

f:id:mayonaka_kiki:20170217033906j:image

ムリムリムリムリ~!!!!!

せめてフード取ってーーーーー!!!!!

気になって仕方がないよーーーー!!

 

何はともかく、魔石を手に入れ、幻獣の話も聞いた...聞いた...のか...?ロックたちは急いで魔導研究所から脱出。

f:id:mayonaka_kiki:20170217042640j:image

おお~。トロッコでガタンゴトンしてます。動画でお届けしたかった...。

ジェットコースターみたいだった(小並感)

 

そしてティナの眠るゾゾへ戻ります。

 

f:id:mayonaka_kiki:20170217042607j:image

因みにセッツァーくんこんな感じ。

一番良さげなビジュアルです個人的には。

 

余談。

パーティは4人までなので、飛空挺でメンバー交代ができます。

メンバー交代で一番困るのは装備

入れ替える度に外したり付け替えたり。

メニューではパーティメンバーしか表示されませんから...。

 

そんなあなたにこの機能!!

f:id:mayonaka_kiki:20170217043633j:image

 f:id:mayonaka_kiki:20170217043723j:image

正直、謎の上から目線に

余計なお世話だこの野郎!!!!!

と言い返したい気分ですが、普通に有難いシステムなので、活用させていただいてやす...へへ...(雑魚並感)

FFⅥ プレイ日記5(ネタバレ注意)

ゲーム日記 ファイナルファンタジー ゲーム FFⅥ

ネタバレ注意!

 

↓前回↓

FFⅥ プレイ日記4(ネタバレ注意) - 好奇心旺盛な暇人

 

 

さて、帝国にある魔導研究所へ乗り込もうと、ロックセリス(強制メンバー)、ほか2人は策を考えます。

因みに以下メンバーで行きました。

f:id:mayonaka_kiki:20170217032508j:image

カイエンは必殺技強いし、エドガーも機械技がめっちゃ使えるんすよ~両方攻撃力高いし~

個人的には現段階で最強でした。

 

さて、帝国ですが、どう考えても正面から「チッスチッス!」みたいなノリで普通に歩いて突入ができない為、どうするかを考えます。

 

そんな最中、オペラ劇場の団長と出会い、看板女優のマリアへ誘拐予告状が来たことを知ります。

 

なんと、セリスが劇団員のマリアという女優にソックリだということ、誘拐予告を送ってきたセッツァーという男は、飛空挺を所有していることを知ったロックは、セリスが身代わりになってステージに上がることを提案します。

 

何を言ってるの!と恥ずかしがり屋なセリス元将軍は、控え室に閉じこもります。

あーぁ...セリスやってくれないだろこれじゃあ...

ロックくんも考えてあげなよ...セリスさんは間違いなく君にホの字になりかけなんだぜ...?わかってやれよ乙女心ってヤツをさ...

 

f:id:mayonaka_kiki:20170216150253j:image

嘘だろ!乗り気やんけ!!!!!

 

 そして開幕。

f:id:mayonaka_kiki:20170216150312j:image

 f:id:mayonaka_kiki:20170217032922j:image

オペラ劇ですが、音楽はオンボではなく、ボーカル部分はメロディ打ち込みって感じだったので、

代わりに自分で歌いました。

家の中1人で。

 

舞台を(主に私が)やりきり、セリスは無事?セッツァーに誘拐されます。

そしてセリスにより飛空挺内に潜入する他3人。

セッツァーにバレます。

そしてセリスがマリアでないこともバレます。

 

ところが、セッツァーくん、セリスに惚れたらしく「俺の女になれば飛空挺をやろう」と提案してきます。

正直、セッツァーのビジュアルが一番良さそうだから、セッツァーくんがいいな私...(心の声)

 

そこでセリス、賭けをしようぜ、と賭博師でもあるセッツァーに賭けを持ち込みます。

コイントスで。

 

えっ、えっ、う~~~~~~~~ん...。

そんな地味な戦いにすんの?すんの?

 

(画像がなくてごめんなさい)

 

コインが表ならば飛空挺を渡す。

裏ならばセリスセッツァーの女に。

そしてセリスロックの制止も聞かずにコインを投げ...

 

 

地面に落とした...だと...?

キャッチしないの...?落とすの...?

 

(画像がなくてごめんなさい!!)

 

なんと表!!!セリスお前すげぇよ!!

セッツァーが震えながらコインを拾うと

なんと両方表の形をしたコインが...。

イカサマかよ!!!

 

でもセリスさん。

イカサマもギャンブルの内...だかなんだかセリフをかっこよく投げかけ、飛空挺ゲット!!

 

さぁ、いざ帝国へ!

f:id:mayonaka_kiki:20170216150350j:image 

グラフィックしっかりしてるなぁ... 。

なんかもうラストダンジョン並の雰囲気出てるよこれ...。

 

次回!

帝国潜入!